自分の家を持つメリット

ertuaklq.png

仕事の都合で転勤などがない人であれば一戸建てを購入しておけば、一生安心して暮らすことができるのです。特に定年退職になり仕事がなくなった時にでも家賃を払う心配がないため、住むところがなくなってしまうというような心配がないのです。賃貸マンションの場合は、老後になっても家賃の支払いは続けなければいけませんし、万が一引っ越しでもしようと考えているのなら、高齢者を入居させてくれるようなマンションを探すというのは非常に難しくなるでしょう。ですので若いうちに家を購入することができるのなら、できるだけ自分の持ち家を持つようにしておいたほうがいいのです。自分の持ち家の場合は、土地が財産として残るため万が一大震災で家などがなくなってしまったとしても、土地だけは残るため家を建て直しさえすれば住み続けることができるのです。マンションの場合は住むことができなくなれば、たとえ自分で購入したものであったとしてもマンションの立て直しかか修復をしないとあらためて住むことは難しくなってしまうのです。

このブログ記事について

このページは、jp-wpが2013年6月21日 15:54に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「アイライナー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.6